ADHDの検査・診断を受けるには

なに科にいったらいいの?

ADHDの疑いがあって日常生活に困難をきたすようであれば病院を訪れましょう。ADHDの専門科は神経科や精神科です。いきなり大きな病院へ出向くのに抵抗がある方は、まず小児科や内科などにいってから、専門医を紹介してもらうようにしてください。

また、日本小児神経学会のHPで専門医のいる病院が紹介されていますので、そちらで調べてみるのもいいでしょう。

日本小児神経学会小児神経科専門医一覧

http://child-neuro-jp.org/visitor/sisetu2/senmon_simeilist/map_simei.html

検査・診断

病院で行われる検査は基本的に、医師との会話が中心になります。

まず、医師から症状、生活習慣、病歴、家族の病歴などについての質問があります。また、学校の先生向けにも質問表をわたされることがあります。

診断を受けることによって、障害の理解がすすみ、本人だけでなく周囲の人も楽になります。病院にいくことで劣等感がうまれることはありません。劣等感は周囲からの否定などで生まれるものです。まず、障害をよく理解するために病院を訪れましょう。

自己診断

専門医に掛かる前に、当サイトのADHD セルフ診断テストで一度自己診断して見ることをおすすめいたします。

Copyright© 2017 Infocharge Inc. All Rights Reserved.