ADHDの原因

原因について

ADHDの原因は、胎児のときから生後1歳半くらいまでにおこる脳の機能不全だといわれています。最近では、神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンなどの受容体や遺伝子に異常があるせいというのが有力説となっています。しかし、なぜそのような脳の機能不全が起こるのかという根本的な原因はまだわかっていません

ADHDの子供特有の多動や衝動的なこうどうから、保育園や幼稚園などで親の育て方を指摘されることがあります。しかし、このような指摘に対しては「生まれつきの行動特性である」とはっきり答えるようにしましょう。

育つ環境について

生まれつき脳に異常があったからといって、それが必ずしも障害につながるわけではありません。その人が育つ周囲の人間関係や生活環境、本人の努力次第で障害は重くなったり軽くなったりします。親としては、愛する子供のため、あきらめずに習慣をできるかぎり改善してやり、長所を伸ばすようにしてあげたいものです。

Copyright© 2017 Infocharge Inc. All Rights Reserved.